ツリーハウス 〜あの頃の夢〜

クリックすると拡大します

どの木(こ)にお願いしよう


まずは、ホストツリーを決め
しっかりとした土台を組みます。

今回は、廃材を利用しました。

クリックすると拡大します

ていねいに


なるべく樹木のストレスにならないよう
丁寧にくり抜きます。




クリックすると拡大します

枝がいっぱい


土台の上に床を張り終わり
いよいよ建物を造っていきます。




クリックすると拡大します

木漏れ日がきもちいい


このまま、
デッキのままでも良いような
心地よさ。







クリックすると拡大します

デッキに合わせて


カタチや大きさをみながら
壁の構造を立ち上げていきます。

見て見て!手前のこの、まぁるい壁!
実は、高いスキルを必要とするんです。

臨機応変に対応できる技術力や
想像力が必要だったりします。

あと、優しさもね。




クリックすると拡大します

小屋組み


屋根の下地を支える部分。
柱と梁桁。

今回は自社用なので
なるべく端材や廃材を用いています。

エコでしょ?!






クリックすると拡大します

大切な屋根の防水

野地板コンパネの上に
アスファルトルーフィングを
きちんと敷きます。




クリックすると拡大します

見上げると


だんだんと
カタチになってきています。



クリックすると拡大します

開口部の下地

せまい中でも、材料や道具を
決してぶつけたりしません。

たいせつに。




クリックすると拡大します

木の枝は避けて


ここから、外壁は、透湿防水シートを貼り
胴縁・貫・アスファルトフェルト・ラス網
モルタル下塗りと、何層も下地を重ね
やっとのことで仕上げ材に。

スイス漆喰塗り&シダーシェイク張りです。



内部はこの後・・・

床の下地を組み、床材を張り
窓枠を入れ
壁に断熱材を入れつつ、電気の配線も。
壁の一部は石膏ボードを貼って
天井の下地を組み、断熱材を入れ、天井板を張り
壁をスイス漆喰で仕上げ。

最後に、建具屋さんに窓やドアを入れてもらい
木部に塗装し、照明器具を取り付け。

そして・・・




クリックすると拡大します

・・・ついに完成



たくさんの工程をへて
たくさんの職人さんたちの力で
たくさんの優しさで
たてものって出来ているんです。






クリックすると拡大します

さあ、どうぞ。


おおきくても
ちいさくても
愛情は同じ。



クリックすると拡大します

中に入ると・・・



大きな窓と小さな窓。

リズムが
聴こえる?





クリックすると拡大します

外から見た小窓


こびとや妖精が
ひょっこり顔を



クリックすると拡大します

振り返ると



木漏れ日がきらきら。

気持ち良すぎる・・・!





クリックすると拡大します

いったん外へ



こちら側は塗り壁。

壁がカーブしているので
スイス漆喰にしました。





クリックすると拡大します

こちら側は



シダーシェイクという
ちいさな木の板を
一枚一枚ていねいに
バランスをみながら張っています。

ウエスタン・レッドシダーという
雨に強い樹種です。

表情豊かで素敵な素材です。





クリックすると拡大します

日が暮れて






クリックすると拡大します

静かな時間が流れます






クリックすると拡大します

ちょっと一杯・・・飲もうか


お酒はモチロン、
コーヒーもいいね。






クリックすると拡大します

始まりは このちいさな模型から




クリックすると拡大します

大切に たいせつに 想いを込めて